当研究会について

針灸気診研究会について

1978年、故間中喜雄先生を学長に「針灸トポロジー学武会」を発足し、東洋医学の根本である「気」を追求してまいりました。

「針灸トポロジー学武会」当時に、兵庫県加古川市在住の整形外科医・小田一先生は、「胸鎖乳突筋検査法」という気の診断法と、様々な治療システムを開発され、それらを「気診」と呼んでいます。

その後、気診をより発展的、また専門的にという会員の要望によって、1990年7月に「針灸気診研究会」を発足しました。

当研究会では小田一先生を中心に、気診を縦横に活用し、東洋医学を研究してまいりました。
2015年に小田一先生がご逝去されましたが、現在では多年の研究が蓄積され、気診のできる会員の日々の臨床に豊富に役立っています。

 

針灸気診研究会の歩み

1979年 小田一先生が開発された気診、および胸鎖乳突筋検査法について、当研究会の前身となる「針灸トポロジー学武会」にて発表。
以後、常任講師として発表を続ける。
1990年 京都にて「針灸気診研究会」発足。
2001年 会場を兵庫県明石市に移す。
2003年 会場を兵庫県神戸市に移す。
2009年 会場を兵庫県加古川市に移す。
2011年 基礎科を休科とする。
2015年 小田一先生ご逝去。
2016年 研究科の会場を、再び京都市に移す。
基礎科を東京の会場にて、再び開講する。

 

講師紹介

小田 伸悟

研究科常任講師
整形外科医、小田整形外科医院 (加古川市) 院長

日本整形外科学会整形外科専門医,認定スポーツ医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本整形外科スポーツ医学会スポーツ医

兵庫県サッカー協会選手登録(加古川医師会FCシニア所属)
チェルシーFC日本サポーターズクラブメンバー
 

辻村 格

研究科常任講師、基礎科常任講師、中等科常任講師
鍼灸師、柔道整復師、理学療法士

愛知県豊川市にて、辻村鍼灸接骨院を開院
 

班目 健夫

研究科講師
医師、医学博士

東京都港区にて、青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所を開院
 

華学 和博

研究科講師
あんまマッサージ指圧師

京都府宇治市にて、華学指圧治療院を開院
 

針灸気診研究会事務局

住所 〒603-8234
京都市北区紫野下若草町23
旭物療器研究所内
事務局長 直本 浩司
TEL 075-491-9018
受付時間:9:00~17:00(日曜日・祝日を除く)
FAX 075-491-3321
E-Mail info@qishin.com

会員ログイン

ログインしていません。

針灸気診研究会事務局

〒603-8234
京都市北区紫野下若草町23
旭物療器研究所内
TEL : 075-491-9018
FAX : 075-491-3321

お問い合わせはこちらから

logo-footer

↓